新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【2020・2021年度実績】学校と社会、今と未来をつなぐ授業


ピンクの棒グラフは感染者数。緑色の枠線は実施期間を指しています。

これからご紹介する授業およびプロジェクトは2020年の夏頃から2022年3月までに実施したものです。
コロナ禍で校外学習やインターンシップ、ゲストを招いた講演会などが中止にせざるを得ませんでした。そのような中でも「児童生徒たちが社会や未来を考える機会を作りたい!」という先生たちの熱い想いによって創られました。
オンラインとリアルを試行錯誤しながら走った約1年半のチャレンジの軌跡です。

先生方の相談内容や希望でカテゴリ分けした目次①
先生方の相談内容や希望でカテゴリ分けした目次②
※16番以下の詳細はありません。
児童・生徒たちの感想

※これらの授業やプロジェクトは以下の考え方をベースに取り組みました。

ESDで目指すこと
(1)持続可能な社会づくりを構成する「6つの視点」を軸にして、教員・生徒が持続可能な社会づくりに関わる課題を見出します。
  持続可能な社会づくりの構成概念
  1. 多様性(いろいろある)
  2. 相互性(関わりあっている)
  3. 有限性(限りがある)
  4. 公平性(一人一人大切に)
  5. 連携性(力合わせて)
  6. 責任制(責任を持って)

(2)持続可能な社会づくりのための課題解決に必要な「7つの能力・態度」を身につけさせます。
  ESDの視点に立った学習指導で重視する能力・態度
  1. 批判的に考える力
  2. 未来像を予測して計画を立てる力
  3. 多面的・総合的に考える力
  4. コミュニケーションを行う力
  5. 他者と協力する力
  6. つながりを尊重する態度
  7. 進んで参加する態度

  ※出典:国立教育政策研究所「学校における持続可能な発展のための教育(ESD)に関する研究〔最終報告書〕」

文部科学省「持続可能な開発のための教育」より

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!