マガジンのカバー画像

あなたの知らない学校司書の世界

3
学校司書さんの取組や子どもたちとのエピソードを交えながら、生徒・児童の悩みに本を通して寄り添う学校司書という仕事を紹介していきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

図書室に来る人は「本」を探しているのではない。自分の欲している“なにか”を探してる。

今回は大瀬中学校の山本司書さんにお話をお伺いさせていただきました。 先生はなぜ学校司書になろうと思ったのですか? 実は、学校司書になって2年目なんです。その前は奈良のホテルで広報の仕事をしていました。 え?!ホテルで広報していたんですか?! 大きな方向転換ですね! はい、学校司書とは全然違う職種についていました。 ホテルのお仕事も楽しかったですが、私には「これができる!!」「これがしたい!」と胸を張って言えることが見つからなくて。そんな時、友達が「あなたは本が好きやん

多面性が凝縮されているから、私たちは本に、図書室に、そして学校司書に惹かれるのかもしれない。

生駒北小学校・北中学校の図書室にはお二人の学校司書がいます。 今回はそのうちのお1人、大東先生にお話をお伺いしました! 今日はよろしくお願いします! 早速ですが、学校司書になったキッカケを教えてください! 以前は生駒市の図書館に勤めていました。そこで児童班(図書館で子どものエリアを担当するチーム)の先輩が「生駒市が学校司書を始めるらしい!」と教えてくれました。 児童班で仕事をしていた時から、「子どもたちと触れ合っていると、すごく楽しい!子どもに本のことを聞かれたら、すごく

あすか野小学校の学校司書、高見先生の世界を覗いたら、そこは湯治場だった。

<あなたの知らない学校司書の世界> 第一弾はあすか野小学校で学校司書をされている高見先生にお話を伺います。(インタビュアー:キャリア教育プランナー尾崎) よろしくお願いします!早速ですが。 最近子どもたちに人気の本を教えてください。 「学校では教えてくれない大切なこと」が人気ですね。キャッチーな題名だし、漫画で読めるのでとっつきやすいのだと思います。 あと、『アレにもコレにも!モノのなまえ事典』や『きっと誰かに話したくなる激レア名字クイズ100』など豆知識が増える本も人気